EikaiwaOnline

オンライン英会話体験ブログ。子供と一緒にチャレンジ中!

【実録】オンライン英会話のグループレッスンってどうなの?

オンライン英会話といえばマンツーマンレッスンが主流です。でも、グループレッスンを採用しているオンラインスクールも存在します。

オンライン英会話でのグループレッスンはどんな感じなのでしょうか。

この記事を執筆する際にいくつか他のブログも眺めてみたのですが、個人の体験というより一般論を書いてるものが多く、「オンライン英会話のグループレッスン」について焦点を絞っているものが見つかりませんでした。

なるべくオンライン英会話におけるグループレッスンの特徴・体験についてまとめられればと思います。

話す時間が少ないから簡単では?と正直、思っていたのですが、意外にこっちの方が難しいかも!?ずっとマンツーマンのオンライン英会話をやってきたので新鮮で楽しかったです!

グループレッスンが受講できるオンライン英会話

EFイングリッシュライブのグループレッスン
スクール名 EFイングリッシュライブ
レッスン料金(月額) 8,910円(税込)
入会金 なし
教材 無料
受講可能時間 24時間
レッスンスタイル
  • マンツーマン
  • グループレッスン
講師
  • ネイティブ講師のみ
無料体験
  • マンツーマン:1回
  • グループレッスン:3回
特徴
  • ネイティブ講師のみ
  • グループレッスンがある
  • 学習コンテンツが充実

グループレッスンを採用しているオンライン英会話は現在あまり存在しません。

EFイングリッシュライブ ならグループレッスンの受講が可能。しかも講師が全員ネイティブスピーカー。月8回のマンツーマンレッスンと月30回のグループレッスンで月額8,910円(税込)。ネイティブ講師と一日1回以上レッスンをして1万円はかなり安い!またサイト内にある学習コンテンツがかなり優秀です。

グループレッスンに興味がある人はもちろん、「習うならネイティブ!」「でもお金はかけたくない」「予習復習が一人では続かない!」という人におすすめです。

無料で4回体験

vipabc

受講可能時間24時間
講師ネイティブが多い
レッスン時間/1回45分
おすすめの用途ビジネス
料金の目安/月1〜3万円
無料体験回数1回
入会金0円

vipabcは自分の職業や興味・伸ばしたいスキルを元にAIが講師を選定してくれる点が特徴のスクールでした。現在は無料体験・新規登録ともに受付停止。WEBサイトで正式なリリースはありませんが、どうやら日本市場からは撤退したそうです。

LOBi英会話

受講可能時間月曜~土曜10:30~21:30(22:30終了)、
日曜10:30~17:30(18:30終了)
講師日英バイリンガル(グループレッスン)、
フィリピン人(マンツーマン)
レッスン時間/1回50分(グループレッスン)、
25分(マンツーマン)
おすすめの用途初級〜中級者向け
料金の目安/月2〜3万円
無料体験回数1回
入会金0円

LOBi英会話は英語が苦手な日本人向けに特化したコーチング型のオンライン英会話でした。現在は無料体験・新規登録は停止。何度かWEBサイトそのものが見られない状態になっています。WEBサイトで正式なリリースはありませんが、倒産したとの情報を人づてに聞きました。

グループレッスンが受けられる子供向けオンライン英会話は?

オンライン英会話に子供向けのグループレッスンはあるのでしょうか?通学型だとほとんどグループレッスンですが、オンライン英会話では少ないです。

例えば、先ほど初回したEFイングリッシュライブだと18歳未満の子供は受講できません。

16歳未満のお客様が成人保護者による同意なくサービスを利用され、レッスン受講時に18歳未満であることが確認された場合、教材利用時に13歳未満であることが確認された場合には、レッスンの強制停止を行い、アカウント情報を削除いたします。

EFイングリッシュライブ 利用規約より

グローバルクラウン

グローバルクラウンforGroupの公式サイト
グローバルクラウンなら子供のグループレッスンが可能。

現在子供向けのオンラインスクールでグループレッスンを導入しているのはグローバルクラウン

  • 全講師が日英バイリンガルなので子供が安心して受講できる。
  • AI発音チェック付きアプリで復習が簡単。
  • 他の日本人生徒が英語を話しているのがお子さんの刺激になる。
  • マンツーマンより安い。(月額4,980円)

他の子供と学ぶことで子供の英語の上達にもいい影響はあるでしょう。うちもぜひ試したい!

参考:グローバルクラウンの口コミや特徴を調査!メリット・デメリットは?

無料でグループレッスン

QQEnglish

QQEnglishのグループレッスン

QQEnglishのグループレッスンは3つの種類があります。

  • World Kids Group Class(中級)
  • World Kids Group Class(上級)
  • SDG Group 50 min(18歳未満向け)

講師がケンブリッジ大学の大学院生というのもポイント。

「SDG Group 50 min」は予約画面には10代向けと記載されていないので、うっかり私(アラフォー)が受講してしまいました。レッスン冒頭に自己紹介がありますが「I’m forty.」といったら少女に「Wow」と言われました(^^; 慌てて講師に「大丈夫?」と聞いたら「いいよ!」と言っていたので10代向けの教材ですが年齢制限を設けているわけではないようです。とはいえ、大人が受講すると若干気まずいです(笑

参加している生徒のレベルも高く、ほとんどの子がネイティブレベルでした。世界の貧困問題とかを扱うのでテーマもハイレベル!なんなら日本語でも難しい!

World Kids Group Class(中級)なら簡単なコミュニケーションができれば受講できるレベルのようです。

無料で2回体験する

\4レッスン分をプレゼント!!/
無料体験後
24時間以内の申し込みで

EFイングリッシュライブのグループレッスン

グループレッスンの難しさ、良さの両面を体験できました!EFイングリッシュライブ で、自宅からオンラインで留学している気分になれます。結構楽しいし、次は「どう答えよう」と考える時間もあるので、マンツーマンとは違う良さがあるなと思いました。

  • 他の生徒の訛りが気になる
  • 先生によってはグループレッスンは大変
  • モチベーションアップにつながる
  • 予約不要・録画可能
  • 調べながら受講できる

グループレッスンではヘッドセットを利用するように記載されているので注意しましょう(マイク付きイヤホンでも可。環境によっては問題ないですが、複数が参加していると音が響いて聞こえるためです)。

グループレッスンの難しさ 他の生徒の訛り

実際に受講してみてわかったのが、他の生徒の訛りが強くてかなり聞き取りづらいということ。

会話のレッスンでお互いに質問したり、答えたりといった場合があるのですが、他の言語を聞いているのではないか!?というくらい聞き取れないことがあります。

私は、初級コース・中級コースに設定してグループレッスンをしたので、もしかしたら上級コースならみんな発音も上達しているのかもしれません。

私の場合、仕事でヨーロッパや東欧の非ネイティブとのミーティングに参加することがあります(と言っても私はまだビジネスレベルで英語は話せないので、他の社員の通訳必須。スピーキングどころか聞き取りもできないです!)。体験だけど、訛りの強い英語に接するいい訓練になる!と思いました。

グループレッスンの難しさ 先生によっては厳しめ(力はつく)

基本的には順番に生徒に質問をしながらレッスンを進める先生が多いです。

しかし、一度こんな講師もいました。

「発言してくれ。君たちが話すのがレッスンだ」

いきなりだったので、みんな結構「……?」という感じだったと思います!約5分、沈黙が続きました!!

EFイングリッシュライブのグループレッスンのお題
本日のテーマは「どうやって問題を解決するの?」

あとから考えると、このときスライドに表示されていた問題について、「何か意見を言ってみなさい」っていうことだったんですね。

それにしても、議題が漠然としすぎていて発言しにくい!!!

沈黙を破った勇気をある生徒は「どんな種類の問題なんですか?」という質問をしていました。

無事、この質問をきっかけにレッスンはスムーズに進みました。

これで中級のレッスンです。5分間の沈黙、ちょっとひやひやしますね!私はEFイングリッシュライブのレベル判定で9だったのですが(全16レベル)、グループレッスン入室時はレベルを下げて受講することにしました…s(^^;

グループレッスンの良さ 励みになる

初級コースのグループレッスンでは、講師がゆっくり話しているシンプルな質問でも「理解できません」と答える生徒も多いです。「がんばれ!」と心の中で応援しつつ、「僕もオンライン英会話を始めた頃は何も聞き取れなかったな…」と懐かしい気持ちになりました。ペラペラスピーカーにはなってないけど、結構上達している気分になれました。がんばるぞ〜。

一方、中級コースになると生徒のレベルも上がります。単純に質問に答えるだけではなく「私はこう思います。なぜなら〜」といように、みんな積極的に発言! 質問にYes/Noで答えるだけで精一杯な私は、なかなか大変でした。積極的に発話する姿勢は英語の向上に不可欠だよなー……と改めて考える機会になりました。

人の頑張りが見えるので、自分のモチベーションを保ちやすいのはグループレッスンのメリットです。

レッスンとは直接関係ないですが、EFイングリッシュライブの場合、生徒同士でチャットをしたり、SNS的な要素もあるので交流も楽しめました。

グループレッスンの良さ 予約不要・録画可能

グループレッスンの入室画面
入室前にトピックを確認!「準備教材」も開いて受講すると安心。録画をするかどうかも選択できます。

EFイングリッシュライブは30分ごとにグループレッスンを開講しています。

  • 毎時00分〜開講
  • 毎時30分〜開講
  • 各レッスン開始10分後まで入室可能

予約の必要がないので急な予定が入りやすい人に向いています。1レッスン6人までですが、入室できなかったことはありませんでした。

グループレッスンの良さ 調べながら受講できる

他の生徒が話している間に、発音や単語の意味、他の表現はないかなど授業中に調べられます。

他の生徒が回答している間にも「自分はこういう表現を使いたいけど、あっているかな?」と確認して発言するのも英語力の向上になるでしょう。学校の授業に近いスタイルですね。自分なりの表現を考えて、講師により自然な表現に訂正してもらうことができます。

vipabcのグループレッスン

vipabcは現在、公式サイトに新規登録のボタンがありません。ログインボタンはありますが、新規会員登録は停止しています。(2021年1月現在)

vipabcで体験したグループレッスンの感想を書いておきます。

今回は「東京”英会話”マラソン2020」という無料レッスンの体験企画に参加したのでレベルは自己申告でした。(通常の会員はレベルチェックテストがあります)

私は最初3で設定しました(途中で4に変更)。

ほぼマンツーマンだった

6回受講したグループレッスンのうち5回が結果としてマンツーマンでした。

講師の国籍は逐一確認できませんでしたが、セルビア(住んでいる場所を聞いただけだったので発音や名前はネイティブっぽかったです)、イギリス、アメリカの講師でした。

vipabcでグループレッスンを受講したけど生徒は私一人
他の生徒がいれば名前が複数表示されますが、私だけ!

ネイティブの講師とマンツーマンレッスン、45分間独り占めができたので贅沢!

でも時間帯によっては混雑するようです。私のように「むしろいろいろな人とレッスンを受けたい!」という人は以下の時間がおすすめです。(vipabc公式twitterさんからの情報)

  • 平日20時半
  • 平日21時半

私は以下の時間帯に受講しました。

  • 5:30〜6:15
  • 17:30〜18:15
  • 18:30〜19:15
  • 19:30〜20:15

講師は全て自宅からのアクセス。

今までの経験から言うと、自宅からアクセスする講師って一段階テンションが低いです(時差の関係や集合住宅の場合とかはあまり大きな声で話したくない人も多いのかも。一概にそれが悪いとは思いませんが!)。

ただ、vipabcの講師はそれを感じませんでした。

結果的にマンツーマンになったとはいえ、グループレッスンが基本なのでどの講師も他者の目を意識できているというか、「レッスンするで!」というスイッチが入ってるような印象。

講師・レッスンの質は満足です!

ちなみにマンツーマンだったのは全て予約レッスン。クラスメートに会えたのが「今すぐレッスン」でした。

グループレッスンで話した際のトラブル

vipabcのグループレッスンの画面
vipabcでグループレッスン

さて、一度だけ体験できたグループレッスンについて。

僕は楽しかったです!……が、トラブルと言える感じでもありました(笑

この日のクラスメイトは20代日本人男性(予想)。名前は仮にTaroさんとしておきます。

  • 先生が名前を読んでも返答が遅い(謎の沈黙頻発)
  • 完全にカタカナ英語(本当に初めてのレッスン?それか、僕みたいにキャンペーンで参加した人?)
  • シンプルな質問でも「What?」を連発(僕と同じレベル3のはずなので基礎の文法は理解しているはず)
  • 向こうの音はクリアに聞こえていたので通信不良ではなさそう(機器面のトラブルの可能性はある。マイクは正常で、イヤホンが不良だったとか)
  • ブログを書いている人?どこかの取材のライターさん?(たまにパシャパシャスマホで写真を撮る音が聞こえた(笑))

生まれて初めてのオンライン英会話だと僕も混乱しかしなかったし、いずれにしろビギナーさんだったのだと思います。

講師もかなり困っていました。

講師「Taro~」
Taro「……」
講師「Taro〜?」
Taro「……」
講師「Taro〜〜〜!?」
Taro「……」

たびたび沈黙が続くかなりのカオス!

こんなシーンもありました。

講師「Taro, What do you want to buy?」
Taro「あ?バイ?」
講師「What, do, you, want, to, buy?」
Taro「…バイ?バイ?あー、アイウォントトゥダイ…」
講師「No!! Don’t die!!!」

これには思わず私も笑ってしまいました(Taroさん、気を悪くしてたらごめんなさい…)。

グループレッスンという形式上、生徒の様子が変でもオンラインになっていれば講師も無視して進める訳には行かないし…、こんな状況でも交互に質問を降り続けたこの日の講師はかなりプロだと思いました!

愉快な感じの男性講師でしたが、ハイテンションを維持し続けていました。

ある意味、普通にグループレッスンするより楽しい体験だったかも。たぶん初心者の方だろうということで私と妻はTaro氏が沈黙している間、無言で応援していました。

そして、我が家の娘(6歳)も「またパパがお友達とレッスンしているところを見たい」と興味津々でした。

レッスン終了間際にTaro氏がログアウトしてしまったので講師は「Tac、ごめんね。評価でフィードバック頂戴ね」と謝っていました。

外国の生徒とグループレッスンを受けて文化的な違いの話を聞けたり、同レベルの日本人が違う言い回しをパクって上達するぞ、とワクワクしていたのですがその目的は達成できなかったのは残念。

でもTaroさんとのレッスンも楽しい経験でした!(なので前述のクラスメート評価機能で悪い報告もしておりません(笑)

講義スタイルのグループレッスンも

講義スタイルのグループレッスン
私以外にも参加者が!画像では「お客様(5)」となっていますが、チャットが二つあるようで実際には10人弱いそうな感じでした。

vipabcにはvipレクチャーという講義形式のレッスンもあります。

いわゆるグループレッスンと少し趣が違い、基本的に話すのは講師だけ。

聴講中の生徒はチャットで参加できるので、文字で回答や質問をすることができます。

これもなかなか面白かったです!

キャプチャー画面は野球に対するレクチャーだったのですが
講師「みんな、野球好き?」
生徒「あんまり」
生徒「サッカーの方が好き」
講師「私も、バスケとかアメフトの方が好き」
っていう感じでかなり緩め(^^;

内容としては野球の用語を例文を使った学ぶものでした。

ちなみにリアルタイムで受講できた1回以外にも1回完全に寝坊、2回は残業により欠席をしてしまいました…(コロナウィルスの影響で在宅ワークをしているのでギリギリまで受講できるかの瀬戸際でキャンセルできなかった)

欠席してもレッスンが視聴できる
欠席(寝坊)したけどレッスンを見られる!

しかし、vipabcはレッスンの録画機能があるため、欠席した講義の動画を見返すことができました。

これは便利!

オンライン英会話におけるグループレッスン

一般的な通学型の英会話教室と、オンライン英会話でのグループレッスンでは少し事情が異なります。オンライン英会話のグループレッスンにはこんな違いがあります。

料金
グループレッスンが安いとは一概に言えない
生徒
オンラインの場合、生徒の国籍が違う場合もある
オンラインの場合、他の生徒のネット環境がレッスンに影響することもある

一般的なグループレッスンの印象とは

一般的にグループレッスンのメリット・デメリットはこういう点が挙げられます。

メリット
同じレベルの生徒がいて刺激になる
マンツーマンより料金が安い
デメリット
話す時間が少なくなる
苦手な生徒がいる場合もある

どう違う?オンライン英会話ならではのグループレッスン事情

オンライン英会話と、通学型の英会話のグループレッスン。また格安オンライン英会話との兼ね合いを考えるとこんな感じです。

メリット
同じレベルの生徒がいて刺激になる
苦手な生徒を気軽にブロックできる(スクールによる)
録画機能がある(スクールによる)
デメリット
マンツーマンの方が高いという考え方も(格安オンライン英会話との比較)
一長一短あり
話す時間が少ない(聞く時間は増える)

同じレベルの生徒がいて刺激になるか?

通学型のグループレッスンと同じで、いい刺激になります。

EFイングリッシュライブでは南米や中東、アジア、ヨーロッパなど非英語圏の様々な国の生徒がグループレッスンに参加していました。

マンツーマンより料金が安いか?

マンツーマンよりグループレッスンの方が料金が安いのでしょうか?

一般的にはマンツーマンの方が高いのは当然です。一対一のレッスンなので。

ただしオンライン英会話の場合、「グループレッスンの方が高い」場合もあります。実際、vipabc、LOBi英会話などは格安オンライン英会話に比べると料金は高いです。

そもそも「グループレッスンは元々料金設定が高いスクールで採用している」「人件費が高い講師(英米などのネイティブ講師や日本人講師)なのでグループレッスンを採用している」という事情があるからです。

格安オンライン英会話の場合、非ネイティブ国出身の講師とのマンツーマンレッスンが1回あたり200円以内で受講できます。

オンライン英会話に限れば「ネイティブのマンツーマンレッスン>ネイティブのグループレッスン>非ネイティブのマンツーマン」というのが相場なので、グループレッスンを採用しているスクールは元々のレッスン単価が少し高いイメージです(その他のサポート・サービスの違いもあるので一概にどちらがお得とは言いづらいですが)。

一方、オンライン英会話でグループレッスンを採用しているスクールはネイティブの講師が多い印象。グループレッスンの単価が2,000円以上になるということが普通にあります。そう考えるとEFイングリッシュライブ の場合は月36回(うち6回はマンツーマンレッスン)受講で8,910円なので単純に計算しても一回250円以下。かなり安いです。

話す時間が少なくなる

vipabcは最大6名のグループレッスン。単純に45分を6分割すると一人あたり7.5分。少し短く感じますね。

今回vipabcで計6回、グループレッスンを体験しましたが、

マンツーマンレッスン
5回
グループレッスン
1回(しかも私を含めて2名)

という驚きの結果に!!!

格安オンライン英会話は25分が一般的だけど、結果として45分間マンツーマンレッスン。

むしろ喋る量増えとるやん!

そもそも「話す時間が少なくなる」としても、さほど大きなデメリットではないと思います。

その分、「人の英語を聞く時間が増えている」ので。

以前読んだ本にはこんな記載もありました。

ネイティブの口から発せられる英語にいくら触れても、ヒアリング能力は上達しますが、残念ながらスピーキングはほとんど上達しません

入澤秀樹『元・一流商社マンが明かす [超初心者向け]英会話は“最初の2、3語”でなんとかなる!』P190

最初から、「あ、これならマネできると思える英語に触れ、実際にマネしてみること。これが最も効率が良い上達法です。日本人にとってマネできる英語とは、「日本人が話す英語」です。それも帰国子女などではなく、一般の日本人と同様に英語を文法から学び、苦労して一定レベル以上に話せるようになった人の口から発せられる英語。

入澤秀樹『元・一流商社マンが明かす [超初心者向け]英会話は“最初の2、3語”でなんとかなる!』P190

自分と同じ言語、あるいは同じレベルの人といるからこそ学べることはたくさんあるので、グループレッスンを受講することによって学べる点は多くあります。

「私は、これでアメリカ生活を乗り切りました!」日本人の英会話習得法とは、「ネイティブ英語をあきらめること」

苦手な生徒がいる場合も!?

オンラインでもリアルでも苦手な人とクラスメイトになる可能性はありますね。

通学型・オンライン型ともにグループレッスンを行なっているスクールは基本的に生徒のレベル分けを行なっています。

極端に「コイツ、足手まといや!」というケースは少ないでしょう。(実はvipabcの体験で近いことはあったのですが個人的にはそれもちょっとしたハプニングとして楽しめました)

その他のケースとしては以下のようなものが考えられます。

  • 生徒が空気読めなすぎる(ずっと一人で話している)
  • 生徒のネット環境が悪すぎてレッスンが進まない(オンラインではあるかも)

実はvipabcの場合、防止策が取られています。

vipabcのクラスメイト評価機能

クラスメイトを評価でき、苦手な生徒と同じクラスにならない設定にできます。リアルスクールだと事務員さんや講師に「あの人苦手なんですけど」って伝えるの気まずいですが、クラスメートの評価をオンラインでできるのはありがたいですね!

EFイングリッシュライブ には生徒ブロック機能はありませんが、5分以内に退室すればチケットは消費されません。

「この先生、前にいまいちだった…」「この生徒、めっちゃ喋ってて私が喋る時間が全然なかった!」という場合は退室して別のクラスに参加すればOKです。

オンライン英会話のグループレッスンまとめ

というわけで、vipabcのグループレッスンでは、いわゆる「グループレッスン」と聞いてイメージしていたような体験はできませんでした(笑)比較的余裕があるようなので、マンツーマンになる可能性も高いのでお得かもしれません。(2021年1月現在は新規登録停止中)

EFイングリッシュライブではグループレッスンらしいグループレッスンが体験できました。おうち留学気分を満喫!

このブログを書いた人: 更新日: