EikaiwaOnline

オンライン英会話体験ブログ。子供と一緒にチャレンジ中!

評判がいいのはどこ?ネイティブ講師がいるオンライン英会話5選+1

ネイティブ講師がいるおすすめのオンライン英会話をご紹介します。

私の経験したおすすめは以下のスクールです。

一般的にネイティブのオンライン英会話を選ぶデメリットは料金が高いこと。実は最安で1万円以内で毎日受講することも可能です。

評判のいいネイティブ講師がいるオンライン英会話を比較

ネイティブ講師がいるオンライン英会話ってどこがいいの?

目的や予算、好みによって変わってきますが、こんなふうに分類できるのではないかと思います。

  • 質で選ぶなら
    • ELT英会話
  • 料金で選ぶなら
    • DMM英会話
    • EFイングリッシュライブ
  • 非ネイティブ講師と並行するなら
    • ネイティブキャンプ
    • エイゴックス
  • 子供におすすめ
    • Novakid

ELT英会話

ELTオンライン英会話
ELT英会話 公式サイト
スクール名ELT英会話
レッスン料金(月額)
月2回プラン
14,300円(税込)
月4回プラン
26,400円(税込)
月8回プラン
51,040円(税込)
月12回プラン
72,600円(税込)
入会金なし
教材要購入(2,000〜5,000円が目安)
受講可能時間17時-25時
キャンセル可能時間曜日・講師固定制(相談可)
予約可能時間曜日・講師固定制(相談可)
レッスンスタイルマンツーマン:1レッスン50分
(子供は25分プランあり)
講師ネイティブのイギリス人
無料体験1回
特徴
  • イギリス人ネイティブスピーカーのみ
  • 高学歴講師が多数
  • 講師・日時は基本的に固定
こんな人におすすめ
  • イギリス英語を学びたい人
  • 質の高いレッスンを希望する人
  • 同じ講師で受講したい人

ELT英会話は所属する講師全員がイギリス出身のネイティブスピーカー。オックスフォードやケンブリッジなどの一流大学出身者が多いのも特徴です。教材は海外で市販されている多くの教材の中から、生徒のレベルや目的に応じて最適のものを提案してくれます。担当講師とカウンセラーが相談して決めるので「どうすれば英語が話せるのかわからない」という人にもおすすめ。

曜日が固定制なので、習慣化しやすいです。講師も担任制度なので、生徒それぞれの目的や弱点などを把握した上で学習を進めてくれます。急な予定が入りやすい人にはデメリットになるかもしれませんが、振り替えも可能です。

デメリットは料金が高いこと。

でも「料金が高いのでレッスン回数が少ない」と思いがちですが、次のレッスンまでの宿題・課題を出してくれるので、レッスン以外の時間も目的を見据えて学習できます。ELT英会話 目標や期間を決めて取り組むのがおすすめです。

無料体験する

\当ブログ特別特典/
初月受講料が20%引き

DMM英会話

DMM英会話
DMM英会話 公式サイト
スクール名DMM英会話
レッスン料金(月額)
スタンダード
毎日1回
124ヵ国の講師と毎日話せる
6,480円(税込)
プラスネイティブ
毎日一回
124ヵ国+ネイティブの講師と毎日話せる
15,800円(税込)
ほか
入会金なし
教材全て無料
受講可能時間24時間
キャンセル可能時間開始30分前まで
予約可能時間開始15分前まで
レッスンスタイルマンツーマン:1レッスン25分
講師
  • 124ヵ国の非ネイティブ講師
  • ネイティブの講師
無料体験2回
特徴
  • 料金が安い
  • 知名度No.1
  • 129ヵ国の国籍の講師が在籍
  • 英単語学習アプリiKnow!が無料
こんな人におすすめ
  • 初心者から上級者までOK
  • ネイティブと毎日話したい人
  • 英検、TOEIC、TOEFLの対策をしたい人

アメリカ、イギリス、カナダなどのネイティブ講師が多数在籍しています。ネイティブ講師と受講できるプランは月額15,800円(税込)。「毎日1回」「ネイティブ講師と」「マンツーマンで話す」という条件なら、この記事で紹介するオンライン英会話の中でも最も安い料金です。

検定・試験対策教材も豊富です。

  • TOEIC・TOEFLのスピーキング対策
  • 英検5〜準1級までの予想問題
  • 英検3〜準1級までの2次面接対策

DMM英会話 の会員は英語学習アプリiKnow!が無料で使える(会員以外は月額1,510円)のでスキマ時間の学習に生かせます。

無料で2回体験

\9月30日(木)〆切/
初月半額
ネイティブプランもOK

EFイングリッシュライブ

EFイングリッシュライブ
EFイングリッシュライブ 公式サイト
スクール名EFイングリッシュライブ
レッスン料金(月額)8,910円(税込)
入会金なし
教材無料
受講可能時間24時間
キャンセル可能時間24時間前まで
予約可能時間レッスン開始まで
レッスンスタイル
  • マンツーマン
  • グループレッスン
講師
  • ネイティブ講師のみ
無料体験
  • マンツーマン:1回
  • グループレッスン:3回
特徴
  • ネイティブ講師のみ
  • グループレッスンがある
  • 学習コンテンツが充実
こんな人におすすめ
  • ネイティブのレッスンをたくさん受けたい
  • しっかり予習復習がしたい

EFイングリッシュライブの講師は「ネイティブ、もしくは英語を第一言語として話すバイリンガル」です。非ネイティブの講師は在籍していない、ネイティブオンリーのオンライン英会話。

料金は月額8,910円(税込)。「ネイティブ講師」と「毎日」という点にこだわるのであれば一番価格が安いです。

他のスクールはマンツーマンのプレイベートレッスンですが、EFイングリッシュライブはグループレッスンがあります。マンツーマンが月8回(1回20分)、グループレッスンが月30回(45分)なので毎日レッスンできます。

グループレッスンは自分が発話する時間が減るので注意が必要ですが、こんなメリットもあります。

  • 自分と同じレベルの生徒から学ぶこともある
  • 色々な訛りに触れられる

グループレッスンで一緒に学ぶ生徒は日本だけでなく、中国やヨーロッパ、南アメリカなど世界中から参加しています。アメリカやイギリスなどのネイティブスピーカーだけでなく、第二外国語として英語を話す人と接する方も多いのでは。

「英語が得意ではない非ネイティブの英語」に触れられるスクールは少ないので、かなり貴重です。

また、4技能全てに対応した自習用の学習コンテンツがハイクオリティ。他のアプリや参考書に頼ることなく、EFイングリッシュライブ だけで学習を完結することが可能です。

ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプ
ネイティブキャンプ 公式サイト
スクール名ネイティブキャンプ
レッスン料金(月額)
プレミアムプラン
レッスン回数無制限
6,480円(税込)
予約には別途コインが必要です
入会金なし
教材無料(一部有料教材あり)
受講可能時間
  • 24時間
  • 月曜深夜に定期メンテナンス
キャンセル可能時間
  • 開始60分前まで
  • 今すぐレッスンは予約不要
予約可能時間
  • 開始10分前まで
  • 今すぐレッスンは予約不要
レッスンスタイルマンツーマン:1レッスン25分
講師
  • フィリピン人
  • ネイティブ講師
  • その他、多国籍
無料体験7日間
特徴
  • レッスン回数が無制限
  • ファミリープランがある
  • カランメソッドが人気
  • 月1回のカウンセリング無料
こんな人におすすめ
  • 安くたくさんレッスンを受けたい人
  • 英検を受検する人
  • TOEICを受検する人
  • 家族で受講予定の人

ネイティブキャンプは「今すぐレッスン」が特徴。オンラインになっている講師がレッスン中でなければ月額6,480円で無制限レッスンが可能。

しかし、ネイティブ講師は競争率が高いので今すぐレッスンで受講できるのは稀。そのため、確実に受講したい場合は1レッスンに月500コイン(約1,000円)が必要となります。

仮に毎日1回ネイティブ講師とレッスンをした場合の料金は36,480円(1,000円×30回+6,480円)となり、ネイティブ講師とのレッスンにこだわるのであればおすすめはできません。

月額料金予約料金トータル金額
ネイティブ
30回受講
6,480円30,000円36,480円
ネイティブを10回受講6,480円10,000円16,480円
ネイティブを4回受講6,480円4,000円10,480円

ネイティブの予約を月1回程度にすれば月1万円程度の計算です。ネイティブキャンプ「発音の練習はネイティブと」「文法などは非ネイティブ講師と」といったふうに使い分けてコストを抑えたい人におすすめです

エイゴックス

エイゴックス 公式サイト
スクール名エイゴックス
レッスン料金(月額)
ポイント定期プラン
組合せは自由
2,178円〜(税込)
毎日プラン
ネイティブ・日本人可能
17,380円(税込)
ほか
入会金なし
教材無料
受講可能時間24時間
キャンセル可能時間
  • ポイント定期プラン
    12時間前まで無料
  • 毎日プラン
    3時間前まで
予約可能時間開始15分前まで
レッスンスタイルマンツーマン:1レッスン25分
講師
  • ネイティブ講師
  • 日本人講師
  • フィリピン人講師
  • その他
無料体験1回
特徴
  • 月2,000円からはじめられる
  • 海外ドラマ教材アリ
こんな人におすすめ
  • ネイティブ講師と毎日話したい
  • 英検を受検する人
  • ドラマで英語を学びたい人

エイゴックスはネイティブ講師との毎日プランだとDMM英会話に比べて少し高いです。

両方を受講した個人的な印象だと、教材やアプリ・料金などを考えると総合的にはDMM英会話の方がいいです。講師はエイゴックスの方が毎回フィードバックがあったり、平均的には満足度が高かったです。

この辺は体験して好みで選べばOK。

毎日プランだけでなく、ポイントプランがあるので「できるだけ安く始めたい」「ネイティブ講師とレッスンはしたいけど週1-3回しか受講できない」という人にはエイゴックス が適しています

無料体験する

おすすめは?ネイティブ講師がいるオンライン英会話

オンライン英会話料金/月(税込)レッスン回数受講可能時間講師の国籍おすすめポイント
DMM英会話 6,480円毎日24時間ネイティブ、日本人、他)
  • 知名度No.1
  • 教材は全て無料
ネイティブキャンプ 6,480円回数無制限24時間ネイティブ、日本人、他
  • レッスン回数制限なし
  • カランメソッド正式認定校
ELT英会話 14,300円月2回17-25時イギリス
  • 講師が高学歴(オックスフォードなど)
  • 教材は生徒一人一人に合わせて選定
エイゴックス 6,380円毎日24時間ネイティブ、日本人、他
  • ポイントプラン/定期プランが選べる
  • アメリカ人気ドラマ教材がある
EFイングリッシュライブ 8,910円月38回24時間ネイティブ
  • ネイティブ講師のみ
  • グループレッスンあり

ネイティブ講師がいるオンライン英会話を個別に説明しましたが、比較しながら特徴を振り返ってみます。

毎日でも安いのは?価格で比較

オンライン英会話料金/月(税込)レッスン回数レッスン単価
ネイティブキャンプ6,480円毎日-※1
EFイングリッシュライブ9,680円38回※2約254円
DMM英会話15,800円毎日約509円
エイゴックス17,380円毎日約560円
※1:「今すぐレッスン」で受講すれば月額料金内。予約の場合は1回500コイン(1,000円相当)
※2:月8回のマンツーマンレッスンと30回のグループレッスン

価格だけ見るとネイティブキャンプがお得!ですが、予約が有料という点に注意。10回以上ネイティブ講師を予約するとDMM英会話より費用がかかってしまいます。

「毎日」「ネイティブ講師」「料金が安い」この点を重視するならEFイングリッシュライブ月8回のマンツーマンレッスンと30回のグループレッスンで1万円以下です。デメリットはグループレッスンが多く、話す時間が短くなります。

マンツーマンレッスンで効率的に学習したいのであればDMM英会話 がおすすめ。エイゴックス も近い価格帯ですが、一般的にはDMM英会話の方が人気が高いです。教材の豊富さやiKnow(単語学習アプリ)が使えるなどが支持されている理由の一つです。

ビジネスにおすすめなのは?

オンライン英会話特徴
ELT英会話
  • 100%イギリス人講師
  • 生徒個々にカスタマイズしたカリキュラム
  • 高学歴が多い
  • 講師が固定制
エイゴックス
  • 多国籍
  • ビジネス英語教材がない
  • 大手英語ニュースサイトを教材に使用できる
DMM英会話
  • 多国籍
  • ビジネス英語教材アリ
  • 人気の講師がわかりやすい
  • Dailyニュース教材が人気
ネイティブキャンプ
  • 多国籍
  • ビジネス英語教材アリ
  • 人気の講師がわかりやすい
EFイングリッシュライブ
  • ネイティブのみ
  • ビジネス英語教材アリ
  • グループレッスンが多い
  • 学習ツールがすごくいい

どのスクールでもビジネス英語を想定したレッスンはできます。

ただ、ビジネスといっても色々な業種・職種があり「ビジネス教材があるからこのスクールがおすすめ!」と安易に言うのは難しいです。

例えば名刺交換のシーンを想定した教材でも「いや、営業じゃないので名刺交換の機会はありません!」っていう人もいますよね…(^^;

ビジネス英語用の教材があるか否か、というよりは「英語力や課題を把握した上で生徒それぞれにカリキュラムを考えてくれる」という点でELT英会話 が効果的だと思います。日本人カウンセラーと相談もできるので「こういう仕事をしていて、こういう場面で英語が出てこない」など、具体的に相談してみましょう。

エイゴックス は無料のインターネット教材として公式サイトでも以下の教材を紹介しています。

  • TIME(ニュース・時事問題を扱う雑誌。)
  • BBC(イギリス国営放送が運営するニュース・サイト)
  • CNN(アメリカの人気ニュース・サイト

実際のニュースサイトであれば、あなたのお仕事に関わりがありそうなトピックも見つかる可能性が高いです!

ビジネスに特化したオンライン英会話として人気が高いのがビズメイツ 。フィリピン人講師がメインなのでここのページでは詳しく解説しませんが、一般的にネイティブ国とされる南アフリカ人講師の在籍は確認しています。

子供におすすめなのはNovakid

オンライン英会話対象年齢子供用の教材その他の特徴
Novakid4-12歳ゲーム感覚で学べるオリジナル教材予習復習もゲームでできる
DMM英会話制限なし
  • オリジナル教材
  • Let’s GO(無料・閲覧期限あり)
日本人講師も在籍
ネイティブキャンプ制限なし
  • オリジナル教材
  • Let’s GO(無料・レッスン後から閲覧可能・期限なし)
日本人講師も在籍
ELT英会話制限なし市販の教材から提案(要購入)
  • 講師固定
  • イギリス人講師のみ
エイゴックス制限なしSmart English(要購入)
  • 日本人講師も在籍
  • 親子レッスンOK(12歳まで)
EFイングリッシュライブ18歳未満不可

スクールや講師によって「幼児・子供不可」の場合もありますが、ほとんどのスクールで子供が受講することは可能です。

子供専用のオンライン英会話では珍しい、ネイティブのみプランがあるNovaKid がおすすめ。ゲーム感覚で学べる教材が、私の娘にはかなり好評でした。

DMM英会話ネイティブキャンプ は日本人講師のレッスンも受けられます。初級レベルの子供の場合は、日本語で話せると安心できると思うので、ネイティブ講師のレッスンと使い分けるのもいいでしょう。

例えば、1回目は日本人講師に習って、同じページをネイティブ講師で復習するのもいいかも!

人見知りの子供の場合はELT英会話 の講師固定制は嬉しいです。

エイゴックスは教材が有料・Skype利用(子供一人では扱いにくい)で、ちょっとおすすめしにくいのですが「親子レッスンOK」なので、子供と一緒に受けたい親ごさんにはいいかもしれません。

ネイティブにこだわらないのであれば、他にもいい子供向けのオンライン英会話はたくさんあります。

参考:【パパ厳選】子供におすすめのオンライン英会話ランキング・BEST10

24時間受講できるのは?

オンライン英会話受講可能時間
DMM英会話24時間
エイゴックス24時間
ネイティブキャンプ24時間※
EFイングリッシュライブ24時間
ELT英会話17-25時
※毎週月曜日の深夜2-早朝6時まで定期メンテナンス

ほとんどのスクールが24時間対応。お好きなスクールを選んでください。

ELT英会話はイギリス人講師のみということもあり、時差の関係で早朝・日中の受講ができません。

私は予定が入りにくい早朝に毎日受講しているので、ELT英会話は受講時間の点でデメリットになりました(ToT

イギリス英語を学ぶなら

オンライン英会話料金/月(税込)レッスン回数レッスン単価
ネイティブキャンプ6,480円毎日-※
ELT英会話26,400円月4回(1回50分)約6,600円
※「今すぐレッスン」で受講すれば月額料金内。予約の場合は1回500コイン(1,000円相当)

「イギリス英語を学びたい」という場合はELT英会話 がイチオシ。10,000人以上のロンドン駐在員が受講した実績が確かなスクールです。レッスン料は高いのですが、オックスフォードやケンブリッジなどの有名大学出身の講師も多く在籍。レッスンの質は間違いないし、次のレッスンまでの課題を出してくれるので、料金に見合った成長が期待できるスクールです。

他のスクールでもイギリス人講師は在籍しているので、安く済ませたいなら検討してみましょう。ネイティブキャンプ には「イギリス英語発音」というイギリス英語に特化した教材があるので、こちらを試してみるのもおすすめです。

ネイティブ講師の定義

ネイティブ講師のレッスン

ネイティブ講師・ネイティブスピーカーの明確な定義があるわけではありません。

例えば、知名度No.1のオンライン英会話・DMM英会話のネイティブ講師の出身国は以下の7つです。

  • アメリカ
  • イギリス
  • カナダ
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • アイルランド
  • 南アフリカ

「ネイティブ」の定義として講師の出身国には「英語を第一言語とする国」としてアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド、そこに加え南アフリカが入っています。

DMM英会話ブログより引用

だいたいどのオンライン英会話も、これが基準ですが、「ネイティブスピーカー」の定義は少しずつ違います。

「ネイティブ100%」を謳っているEFイングリッシュライブでは複数のドミニカ人講師の在籍を確認済です。「両親がアメリカ人」「生まれがイギリス」などイレギュラーなケースかもしれませんが、他のオンライン英会話ではノンネイティブとしてカテゴリライズされている国です。

ネイティブキャンプでは南アフリカ人講師は「準ネイティブ」。アメリカ、イギリス出身の講師の予約料は500コイン(1,000円)ですが、南アフリカ人講師は300コイン(600円)。南アフリカ人講師なら普通に「今すぐレッスン」(0円)で受講ができます。

EFイングリッシュライブのドミニカ人講師の英語も、私が聞く限りは訛りはなく、ネイティブレベルの英語でした。

その他のオンライン英会話の「ネイティブ」事情

「ネイティブ講師のオンライン英会話」として上では挙げませんでしたが、他にもネイティブ講師が在籍しているオンライン英会話を紹介します。

ビズメイツ

ビズメイツ はビジネスに特化したオンライン英会話。なぜか色々なブログで「フィリピン人講師のみ」と紹介されていますが、実は多国籍。南アフリカ人講師の在籍も確認しています。

スクールとして「社会人経験のある有能なコーチ」を売りにしているので、講師の国籍は明確に公表していません。(プロフィールを見ると講師が自己紹介に書いていることはある)

参考:ビズメイツの評判は?ぼんやり系サラリーマンが1ヶ月受講してレビュー

Best Teacher

ベストティーチャー はライティングに特化したオンライン英会話。最大5回のメッセージのやりとりをしてから、それを元に会話のレッスンするスタイルです。ネイティブ講師も在籍しているのですが、ライティングの添削指導では講師を選べません。

「ネイティブに学びたい」という人は、発音や自然な言い回しなどに力を入れることが多いので、あえてこのスクールを選ぶメリットは薄い気がします!?

産経オンライン英会話

産経オンライン英会話 は以前はフィリピン人講師だけのオンライン英会話でした。しかし現在はアメリカ、イギリス、カナダ、南アフリカのネイティブ講師が在籍しています。ネイティブ講師の在籍数は8人(2021年5月現在)です。

選択肢がかなり少ないので、「ネイティブ講師ならおすすめ!」とは言えませんでした。もうちょっと様子見かな?という印象です。

Kimini英会話

Kimini英会話 は、普段はフィリピン人100%のスクールです。しかしコロナ禍で、TGG(東京英語村)が営業休止した際にはネイティブスピーカーを含む多国籍な講師人がオンライン講師として勤務していたことがあります。また不定期ですが、ゴダイゴのベーシスト、スティーブ・フォックスさん(出身は日本ですが、お父さんがアメリカ人で日米を行き来しながら育ったそうです)が特別講師として在籍しています。

スティーブ・フォックスさんとのレッスンでは、英語でベースの練習も可能だそうです。受けてみたい!(ベース弾けないけど)

まとめと、ネイティブじゃない講師はどうなの?

最後に、ノンネイティブ講師についても少し触れておきます。

オンライン英会話は毎日受講しても月額6,000円台の格安スクールがたくさんありますが、それらはフィリピン人を中心とした「非ネイティブ講師」のレッスンを受講する場合です。ネイティブ講師の場合だとこの価格だと受講できません。

とはいえ、フィリピンは小学生から英語をしっかり勉強しています。算数の授業でも英語を使って学びます。語学力としてはネイティブスピーカーと比べても遜色はありません。また「第二言語として英語を学んだ」という経験があるので、ネイティブスピーカーより発音や文法の指導が具体的な場合もあります。

例えば日本語でも、”私「は」先生です”と”私「が」先生です”の違いを説明するのって難しいですよね?学んで習得した人の方がわかりやすく説明できそう!

特に初心者の場合はネイティブにこだわる必要がない場合もあります。このページを読んで「思っていたよりは料金が高かった」なんていう場合は、他のスクールも検討してみましょう。

参考:徹底比較!おすすめのオンライン英会話【トータル1,000回以上受講】

ネイティブスピーカーに英語を習いたいならELT英会話DMM英会話EFイングリッシュライブエイゴックスNovaKid の中から、予算や生活スタイル・受講頻度に応じて選びましょう。あとは体験してみたら、ガラッと印象が変わることもよくあります。体験は無料なので気になるスクールをどんどん試してみましょう!

このブログを書いた人: 更新日: