EikaiwaOnline

オンライン英会話体験ブログ。子供と一緒にチャレンジ中!

年始はお正月の話題が頻出【Kiminiオンライン英会話体験談】

Kiminiオンライン英会話の年始のレッスンで2回連続で聞かれているのが以下のフレーズ。

How was your new year?
(新年をどう過ごしたの?)

ムムム。これまた日本語でなら話せるものの、英語で答えるとなるとかなり難しいです。

正直、正月に実家に帰っても何もしてない。
Nothing special」じゃ会話になってないですもんね。

私がたどたどしく答えたものを先生が添削してくれたので備忘録として書いておきます。

お餅食べたよ

I celebrated new year by eating rice cake.

直訳すると「私は餅を食べることで新年を祝いました」です。

初心者だとrice cake(餅)も準備していないと
単語が出てこないですよね。

今、地元から帰ってきたよ

I just came back to my house now from my hometown.

直訳すると「ちょうど先ほど地元から帰ってきたところです」。

青春18切符を利用して妻と娘と半日以上かけて地元から帰ってきたところでした。。。。。

何日間、実家に滞在したのか

「どれくらいの期間、地元にいたの?」と聞かれました。
12月30日に東京を出て、1月3日に関西から戻ってきたました。

I stayed there for five days.
(5日間滞在しました。)

これは単純ですね。
でも英語で変換するのに慌ててしまうのは相変わらずです。
「there」とか「for」を入れずについつい、焦って単語だけで答えてしまいます。。。。。

おせち料理には長寿を願う意味がある

先生から「おせち料理にはbeliefsがあるの?」と聞かれました。

beliefsは直訳すると「信じていること」。
ここでは「謂れ」「由来」「迷信」くらいの意味でしょうね。

「おせち料理は種類がいっぱいある。長生きするのをhopeするみたいな意味がある。」
というのをカタコトの英語で言っていたら、先生がまとめてくれました。

One of the reasons is that it helps us to live longer.
(おせちの由来の一つは、長生きをさせてくれることです)

helpだと食べ物そのものに実際に効果・作用がありそうなのでbelieveの方がいい気もしますが、helpの意味にも相当な幅があるはずなのでこれで正解なのでしょう。
これでニュアンスは十分伝わりますよね。

妻から「数の子は子孫繁栄だよ!」とか色々日本語で指示が飛んできましたが
即座に英語に変換できないって。。。。。

文化の話で由来を説明するとなると日本語でも「なんだっけ」となって慌ててしまいますね。
日本の文化を英語で表現するための書籍なども出ているようなので
近々読んでみようと思っています。

無料で10日間体験する

\8月31日(土)23:59まで/
初月半額
or
ウィークデイプランキャンペーン価格

このブログを書いた人: 更新日: