EikaiwaOnline.net

オンライン英会話体験ブログ。子供と一緒にチャレンジ中!

英語の勉強

WEBエンジニアのためのビジネスフレーズ集

tac

このブログを書いた人:

更新日:

ヨーロッパのスタッフとのやりとりから覚えた、WEBサイト制作で使えそうなフレーズ、伝わりづらいフレーズをメモしておきます(随時更新予定。ほぼ自分のメモ用)。

英語で「CSSのキャッシュを消したい」

CSSのキャッシュをクリアして欲しいときの表現。

Please clear the following CSS cache.(下記のCSSのキャッシュをクリアしてください)
https://xxxxxxx/xxxxx.css

これも正解です。

実際に他の外国人の皆さんも「clear the cash」と表現しているのをチャットやインターネットで確認して使っていました。

しかし!一度、この表現を使ったときにCSSファイルを削除されてしまったことがあります。

「ファイル消えてるよ!」と報告したら、「だってdeleteしてって言ったよね?」と言われました。

Nooooooooo!!!

deleteなんて言うてへん。

削除は恐ろしい……。下手したらレイアウト大崩壊。

ネイティブのアメリカ人が教えてくれました。

Please refresh the following CSS cache.(下記のCSSのキャッシュをリフレッシュしてください)
https://xxxxxxx/xxxxx.css

これの方が誤解は発生しにくいそうです。

チャットではclearがよく使われているので、一般的な気はしますが、正確に伝わる表現を使った方が事故らないですね。

英語で「何時までに公開してほしい」

Please deploy today or tomorrow.
We hope it to be released by 10 o’clock your time (18 o’clock Japan time).

https://xxxxxxx/xxxxx/
(今日か明日に公開してください。
 そっちの10時までに公開してほしいです(日本時間の18時))

結果、19時過ぎに公開されました。

Nooooooooo!!!

18時やと言うてるやないか。

TOEIC900点以上の同僚に相談しました。

Please deploy below today or tomorrow.
It has to be published by 10 am in your time (6 pm in JST),

https://xxxxxxx/xxxxx
(以下を今日か明日に公開してください。
 そちらの午前10時までに公開しなければいけません(日本時間の午後6時))

  • 海外ではam、pmで表現することが多いので無難
  • hopeだとちょっと弱いかもしれないのでhave toに

と、添削頂きました!なるほど!

外国人だと「18時までに公開しなければならない」ってはっきり言わないと「一時間くらいならまぁいいか」ってなりそうですね!?

英語で「これやっておいてくれない?」

本当は具体的に「〜を〜してほしい」って都度書いた方がいいと思いますが、英語の文章作成に時間を取るのもそれはそれで効率が悪い。

URLを加えるだけ、目的語を変えるだけで使える汎用フレーズを覚えると時間の短縮になります。

Could you please deal with this?

これで今のところ通じています。

もう脳みそがおじいちゃんなので、前置詞が入るだけでフレーズが頭に入らない。

英語で「進捗どうなってるの?」

依頼したものの返事がない。外国人相手だと結構あるような気がするのは私だけですか?

How is it going?(進捗どうですか?)

これでOK。

もっと参考になる資料はないのかという人へ

↓あります↓

英語のEメール、ドキュメント、プレゼン、会議はもう怖くない!三日坊主の著者が、挫折せずに英語で仕事ができるようになった勉強法を披露!

参考:備忘録・坂東大輔著『英語嫌いのエンジニアのための技術英語』

-英語の勉強


comment

メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

おしりたんていを英語で言うとButt Detective

おしりたんていを英語で言うとButt Detective

子供に人気の『おしりたんてい』。英語でなんて言うのでしょう? 我が家の娘はオンライン英会話を習っています。(ちなみに私も受講中) 5歳から習い始めて約一年が経過しました。 もちろん英語がペラペラ喋れる …

英語習得のための学習時間=3,000時間【根拠は?】

英語習得のための学習時間=3,000時間【根拠は?】

「英語を話せるようになるまでの学習時間目安は3,000時間」。 諸説ありますが、このような記述を色々なところで見かけます。 最近、英会話のセミナーに参加したときも同じ数字を目安として教えてもらいました …